Notes_JP

あまり知られていないこと

【まとめ】バッチファイルによるファイル名一括変更

バッチファイルで「フォルダ内のファイルの名前」を一括変更する方法を紹介します.
検索してもまとまった記事がなかったので,まとめてみました .




ファイル名の切り出し

例1:拡張子が".txt"である全ファイル名の頭2文字を削除 (abcde.txt→cde.txt)
for %%F in (*.txt) do call :sub "%%F"
goto :EOF

:sub
  set BEFORE=%~1
  set AFTER=%BEFORE:~3%
  ren "%BEFORE%" "%AFTER%"
goto :EOF

変数

  • BEFORE: もとのファイル名
  • AFTER: 変更後のファイル名

解説

  1. %~I: 全ての引用句"を削除して%Iを展開
    • ここでは,「"%%F"⇒%%F」となる.
  2. 部分参照: %環境変数:~[-]開始オフセット[,[-]長さ]%

部分参照 意味 X文字のとき
%I:~m% 文頭のm文字目を除く文字列 (m+1)~X
%I:~m,n% 文頭のm文字目を除く文字列から,最初のn文字 (m+1)~(m+n)
%I:~m,-n% m文字目以降から最後のn文字を除く文字列 (m+1)~(X-n)
%I:~-m% 最後のm文字 (X-m+1)~X
%I:~-m,n% 末尾よりm文字目からn文字 (X-m+1)~(X-m+n)
%I:~m,-n% 末尾よりm文字目以降から最後のn文字を除く文字列 (X-m+1)~(X-n+1)

例2:例1の改良版:拡張子の編集を防ぐ

上の例では,文字数を間違えると「拡張子」までリネームされる可能性がある.
これを避けるには,以下のように「拡張子を除くファイル名(以下のFILENAME)」だけを編集すれば良い.

for %%F in (*.txt) do call :sub "%%F"
goto :EOF

:sub
  set BEFORE=%~1
  set FILENAME=%~n1
  set EXTENSION=%~x1
  set AFTER=%FILENAME:~3%%EXTENSION%
  ren "%BEFORE%" "%AFTER%"
goto :EOF

変数

  • BEFORE: もとのファイル名
    • FILENAME: 拡張子を除くファイル名
    • EXTENSION: 拡張子
  • AFTER: 変更後のファイル名

解説

  1. %~nI: %Iをファイル名に展開
  2. %~xI: %Iを拡張子に展開

文頭への文字列付加

例:拡張子が".txt"である全ファイル名の文頭に文字列"prefix"を加える(abc.txt→prefixabc.txt)
for %%F in (*.txt) do ren "%%F" "prefix%%F"

末尾への文字列付加

例:拡張子が".txt"である全ファイル名の末尾に文字列"suffix"を加える(abc.txt→abcsuffix.txt)
for %%F in (*.txt) do ren "%%F" "%%~nFsuffix%%~xF"

応用例 (「ファイル名の切り出し,文頭・末尾への文字列追加」を全て用いる)

単に組み合わせるなら,上のコードを並べるだけです.
ここでは,もう少し実用的な例を紹介します.

例:「①フォルダを作成→②作成したフォルダにファイルをコピー→③ファイル名を変更」

以下の記事で,サンプルコードを作成しました: