読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【まとめ】バッチファイルによるファイル名一括変更

バッチファイルで「フォルダ内のファイルの名前」を一括変更する方法を紹介します.
検索してもまとまった記事がなかったので,まとめてみました (Shell Script版はこちら).


以下の例を組み合わせることで,

  • ファイル名の切り出し
  • ファイル名の先頭への文字列の付加
  • ファイル名の末尾への文字列の付加

を一括して行うことができます.


ファイル名の切り出し

例1:拡張子が".txt"である全ファイル名の頭2文字を削除 (abcde.txt→cde.txt)

for %%F in (*.txt) do call :sub "%%F"
goto :EOF

:sub
set BEFORE=%~1
set AFTER=%BEFORE:~3%
ren "%BEFORE%" "%AFTER%"
goto :EOF
変数
  • BEFORE: もとのファイル名
  • AFTER: 変更後のファイル名
解説
  1. %~I: 全ての引用句"を削除して%Iを展開
    • ここでは,「"%%F"⇒%%F」となる.
  2. 部分参照: %環境変数:~[-]開始オフセット[,[-]長さ]%

部分参照 意味 X文字のとき
%I:~m% 文頭のm文字目を除く文字列 (m+1)~X
%I:~m,n% 文頭のm文字目を除く文字列から,最初のn文字 (m+1)~(m+n)
%I:~m,-n% m文字目以降から最後のn文字を除く文字列 (m+1)~(X-n)
%I:~-m% 最後のm文字 (X-m+1)~X
%I:~-m,n% 末尾よりm文字目からn文字 (X-m+1)~(X-m+n)
%I:~m,-n% 末尾よりm文字目以降から最後のn文字を除く文字列 (X-m+1)~(X-n+1)

例2:例1の改良ver.

上の例では,文字数を間違えると「拡張子」までリネームされる可能性がある.
これを避けるには,以下のように「拡張子を除くファイル名(以下のFILENAME)」だけを編集すれば良い.

for %%F in (*.txt) do call :sub "%%F"
goto :EOF

:sub
set BEFORE=%~1
set FILENAME=%~n1
set EXTENSION=%~x1
set AFTER=%FILENAME:~3%%EXTENSION%
ren "%BEFORE%" "%AFTER%"
goto :EOF
変数
  • BEFORE: もとのファイル名
    • FILENAME: 拡張子を除くファイル名
    • EXTENSION: 拡張子
  • AFTER: 変更後のファイル名
解説
  1. %~nI: %Iをファイル名に展開
  2. %~xI: %Iを拡張子に展開

文頭への文字列付加

例:拡張子が".txt"である全ファイル名の文頭に文字列"prefix"を加える(abc.txt→prefixabc.txt)
for %%F in (*.txt) do ren "%%F" "prefix%%F"

末尾への文字列付加

例:拡張子が".txt"である全ファイル名の末尾に文字列"suffix"を加える(abc.txt→abcsuffix.txt)
for %%F in (*.txt) do ren "%%F" "%%~nFsuffix%%~xF"

応用

『①年月日日付のフォルダを作成→②ファイルをコピー→③ファイルをリネーム』
という一連の処理を行うことが出来るバッチファイルの例についてはこちら:
【例】よく使うバッチファイル - UNTITLED MEMORANDUM